代表的なコーヒーの資格とは?資格取得を目指している方へ

コーヒーの資格にも種類がある!それぞれの特徴や内容について

代表的なコーヒーの資格とは?資格取得を目指している方へ

バリスタ

コーヒーコーディネーター

カフェ開業の際に取得する資格として、「コーヒーコーディネーター」があります。コーヒーコーディネーターは他の資格に比べて難易度は易しく、コーヒーの資格の中でも取得しやすいです。これを取ったからといって就職活動や開業に有利というわけではありませんが、スキルアップの一部として取得するには悪くない資格です。

コーヒー

コーヒーマイスター

コーヒーに対する深い知識や基本技術を習得し、養成講座、実技講習、認定試験を終えることで、初めて取得できる資格が「コーヒーマイスター」になります。コーヒーマイスターはバリスタには必須の資格ですから、カフェ専門学校でも人気があります。このコーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会に入会していなければ、養成講座を受けることができないので、事前に入会しておく必要があります。

バリスタ

コーヒーインストラクター

全日本コーヒー商工組合中央金庫が認定している資格が「コーヒーインストラクター」です。資格を突き詰めていくと検定は1級、2級と続き、最終的にはコーヒー鑑定士を目指すことになります。この資格はコーヒーマイスターとは違い、コーヒーの鑑定や評価、幅広い知識などを求められるので、取得することが難しいとされています。

広告募集中